/* 斜体表示を蛍光ペン(ピンク)風に */

金属遊び研究会 fisherman RYO★

日本海でジギング&トップゲームを中心に遊んでいる船長ブログです。状況に合わせたさまざまな釣りに挑戦してます💪

日本海で、5月連休の釣りをしめくくってきました~💪 【 インチクの根魚攻略に特化した使い方を解説します👆 】

はじめに★

 

5月7日の釣行です。この度は単独でいってきました。

 

この連休は本当によく釣りをしました。先達て4日連チャンしたばかり... 久しぶりに帰宅して、洗濯物が乾いてまたすぐに行った感じです。我ながら釣りバカという自覚が強く持てる次第です💧

 

この日の献立は、朝一から10時頃まではトップウオーターゲームで楽しみ、残り時間は新規開拓したポイントで根魚だけを狙って釣る、という事にしました。

 

さすがに、休みの終盤くらいは家でゆっくりしたいという思いもあり、ゲームはお昼頃までにする、と決めてのゲームスタートです。

 

 

釣具ならなんでも揃う👉かめや釣具WEB楽天市場店

 

 

 

ゲームスタート☆

 

まずは「トップウォーターゲーム」からのスタートです。

 

ベタベタの海面で、潮目も全く出ておりませんでしたが、2投目でマサがのりました。サイズは約70センチと小ぶりですが、さい先の良いスタートとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

…ところが後が続きません。

 

完全なベタ凪&微風状態でしたので、場所を転々としながら「潮目」や根アタリからの「浮上流」のあるところを探しては、丹念に打ってまわります。

 

ポッパーは反応なし… シラス系カラーのペンシルに替えるとよく出ましたが、フッキングまで持ち込めません。ひつこく追ってくる事もないので、この日は不適合と判断。

 

のちに、下画像の潮目のチャバチャバの方で、ヒラマサを1本追加しましたが、これも1本目と同じルアー… イワシカラーのフローティングペンシルで「1発のり」でした。

 

ヒットルアーはコレ☟

 

 

人生を遊びましょう☞ キャンピングカーで快適な旅へ!

 

 

 

潮種、潮流方向と流速による潮目の出方、場所や時間による変化などなど… 楽しく「研究」しながら思うままにトップゲームを楽しんでいると、いつの間に予定の10時。

 

…という事で、残りの2時間ほどは「根魚ゲーム」に切り替えて遊ぶことにします。

 

先達て、達ちゃんと根魚を釣ったポイントには手を付けず、開拓したポイントに限定して落とす事にしました。 この度は根魚がチェックターゲットなのでインチクを使います。

 

そして1流し目… さっそく「GOODサイズ」のうっかりカサゴンの登場です! こんな風に、予測が当たった時が一番嬉しいんですよね~。

 

 

釣具ならなんでも揃う👉かめや釣具WEB楽天市場店

 

 

 

続いて2流し目では、これまたいいサイズの「オニカサゴ」です。

 

根魚に特化したインチクの使用方法ですが、基本的にはボトムから3~4メートルまでの範囲しか動かしません。そうする事でレスポンスを上げて有効性を高めていきます。いわゆる「機会損失」を極限に抑える。という考え方になります。

 

誘いのパターンはいろいろありますが、簡単に言うとボトムを「叩いて」場を刺激しながら流していきます。基本動作は以下①から④の繰り返しになります。

 

①落とす⇒②誘いを入れながら少しずつ巻く⇒③3~4メートルまで巻いたら巻きは止め、誘いだけにして周囲の根魚に広く見せる⇒④ボトムに落とす

 

②は大きく誘ったり小さく小刻みにしたりして「当たりパターン」を見つけるまではランダムに試します(あるいはそのままランダムな誘いでもOK) また、③は2~3秒ほど周囲の根魚に見せれば充分です。③があまり長いと機会損失しかねません。

 

ボトムを叩いて刺激する事で「縄張り意識が強い」根魚の活性はブチ上がります。根魚に対して「ボトムノック」は効果てきめんです。叩いてはネチネチとゆっくり見せながら刺激して食わす、あるいは攻撃させる。というのが基本セオリーとなります。

 

 

お探しの釣具がみつかる👉釣具のキャスティング 楽天市場店

 

 

 

その後も適度なペースで美味しい根魚が釣れ、最高に気持ちいい状態です。…やっぱり深場の根魚釣りはワクワクして楽しいですね~。

 

基本的に深場の釣りでは、あまり小さいサイズは釣れません(小さいうちは食べられやすいから、岸際などの浅場である程度成長してから深場に入るものと思われます)

 

 

マリン&ボートパーツのお探し物なら👉ユニマットマリン

 

 

 

今度はキジハタ(アコウ)がきました。…完全に開拓成功ですね👍

 

アコウやマハタなの「ハタ系」は、先ほど説明した③、つまり3~4メートル上げてからの誘いでよく飛びついてきます。この個体もそのパターンでのヒットでした。

 

 

男の夢スペース→ミニログハウスキット ログ厚32mm(6.0帖)

 

 

 

この辺りでお昼になり、キリがないので「ストップフィッシング」としました。

 

ちなみにこの度は「インチク+イカのチョンがけ」で釣っております。エサとのコラボ… この組みあわせが最強になります(シルエットに違和感のない付け方が必要)

 

イカはゲソが最適ですが、この度はゲソの準備が出来ず、表裏に切り込みがたくさん入っている「バーベキュー用」の冷凍イカを短冊に切って使用しました。

 

基本、イカであれば何でも良いですが、新鮮であるほど食いは確実に良くなります。

 

 

 

おすすめのアピール系インチク☟

 

 

釣具ならなんでも揃う👉かめや釣具WEB楽天市場店

 

 

 

釣果★

 

トップウォーターゲームの研究に少し時間を要しましたが、残りの2時間ほどで効率よく根魚が獲れたので、1人にしてはいい釣果となりました。

 

この度は「インチク」を使ってタコ踊りを演出しましたが、根魚特化ならば以前にわたしが考えた「ふわふわ仕掛け」の方が食いそのものは良いかも⁉しれません。

ふわふわ仕掛けとは⁉https://www.metalcontrol.work/entry/2020/06/14/201940

 

今回のポイントは「80メートル超」の深場で根魚を狙いましたので、大物を想定しての「インチクチョイス」としたところです。ふわふわ仕掛けでもハリスを替えれば対応は出来ると思っておりますので、安く上げるなら「ふわふわ仕掛け」、その他の魚種も同時に狙うなら汎用性の高い「インチク」、という使い分けがベターかと考えます。

 

 

 

魚料理にはてきめんです☟

 

美味しいこだわり酒を探すなら👉本坊酒造 公式通販【楽天市場店】

 

 

 

まとめ☆

 

という事で、連休最後の1人釣行は、次に繋がる「情報収集」を重きに意識しながらアンテナを張って遊んできました。時間が経つのがあっという間でした。

 

それにしても今年の5月連休は、過去にないくらい釣りに没頭した休日となりました。…どう思い起こしても、家でゆっくりした時間はほんのわずかでしたね💧

 

釣りに「明け暮れる」とはまさにこの事! 無事に楽しく連釣できた事に感謝感謝です🙏

 

 

 

よかったら合せてお読みください🤗

www.metalcontrol.work

www.metalcontrol.work

www.metalcontrol.work

 

マリン&ボートパーツのお探し物なら👉ユニマットマリン

ボートパーツの調達なら👉ネオネットマリン楽天市場店

 

 

 

 

いつも最後までご覧いただきありがとうございます😁